HOME > 介護事業 > 居宅介護支援

居宅介護支援

介護を必要とされる方が、自宅で適切にサービスをご利用いただけるよう、ケアマネジャー(介護支援専門員)が心身の状況や生活環境、本人・家族の希望等にそってケアプランを作成したり、さまざまな介護サービスの連絡・調整などを行います。
※ 居宅介護支援サービスは、全額が介護保険で支払われるため、利用料は発生しません。
※ 要支援1・2の方は、定期巡回随時対応型訪問介護看護はご利用いただくことができません。
 
●ケアプランの作成
ケアマネジャー(介護支援専門員)が、心身の状況や生活環境、本人や家族の希望等にそって、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成します。
 
●介護サービスの連絡・調整
介護サービス事業者との連絡・調整を行います。

ご利用までの流れ

step1   訪問、来所面談…状況把握、契約
 
お電話いただきましたら、ケアマネージャーが自宅へお伺いし、ご利用者様と居宅介護支援事業所との契約の下お話を進めていただきます。現在お困りの状況やご希望をお聴きし、一緒に話し合いながら目指す状況像に向かって方法を考えていきます。介護保険サービスや保険外の福祉サービス、地域事業などの情報(種類・サービス内容・料金など)を提供していきます。
  訪問、来所面談…状況把握、契約
下三角  
step2   ケアプランの作成
 
目標達成や課題解決に向けてケアマネージャーが個々の状況に合わせて サービスを盛り込んだ居宅サービス計画書(ケアプラン)を作成します。
利用するサービス事業所の選定はケアマネージャーからも情報提供は致しますが、 ご利用者様本人とご家族様が選び契約することとなります。利用にあたっての連絡調整はケアマネージャーが行います。
  ケアプランの作成
下三角  
step3   ケアプランの確認
 
作成したケアプランをご利用者、ご家族と内容を確認します。
  ケアプランの確認
下三角  
step3   サービス利用開始
 
ケアプランに基づいてサービス利用開始となります。
  サービス利用開始

お知らせ

2015/10/22
介護事業 お知らせ一覧
第5回 介護医療・連携会議を開催しました。

こんなお悩みありませんか?
    夜間のサービスや在宅でのリハビリなど、悩みに合わせたサービスを提供します。  
  • Webからのお問い合わせ